小さい頃からはじめよう

生きていくうえでへそくりはなくてはならないものですね。決して壮観はしなくても衣食住そのトータルを扱うためにへそくりは必要でしょう。今日、断捨離といううたい文句がよくつかわれていますが、へそくりもそのように立ち向かうことができればいいのになと思います。もちろん千差万別家計平均は異なりますし、へそくりに対する意欲度に応じて煩悩との根競べになるかもしれませんが。へそくりのやり方は流儀ともダブるかもしれません。余分なものを持たないで生きられる奴はへそくりのやり方も管理するもきっと上手なのではないかと思います。いざというときのために少しだけ蓄積を保ち、責務最少で満足できる良心を持つことができればいいなと思います。若い時から考えてお金を使うクセを身につけることができれば、またそれを継続することができれば、いざというときも困らず、へそくりの大切さや有難さを自ずから捉え、また理解することができるのではないかと思います。へそくりは散々保ちすぎては困り、持たなくては窮乏してしまい、ミッシリの様子を自分で知ることはより大切だと思います。なんでもそうですが、一朝一夕に身につくものではなく、やはりへそくりを管理することも幼い頃からの発展創傷一番重要なのかと再認識する次第です。http://beautifulstory.sakura.ne.jp/%E9%99%A4%E6%AF%9B%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC/%E3%83%87%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A2%E5%8F%A3%E3%82%B3%E3%83%9F%E5%8A%B9%E6%9E%9C.html