株式取り引きについて

株式取引は不安資産です。ここで言う不安は、落とし穴という意味ではなく、大きな利益を得るか、または鎮まるかというぶり大小を言います。つまりリスキー、ハイリターンです。
こういう不安を取る結果、大きな報酬という名の実りを得られるということもできます。

2016時期7ひと月最近、英国のEU敗北による日経平均の大きな下落により多くのお客様がかなりの重圧を負ったことでしょう。
でも永年株式投資をしていると、時期に2、3回は相場の下落はふつうにいらっしゃることです。

反対にアベノミクスのように、政府が株価を引きあげるために思い切ったポリシー実行を行ったり、世界的なインフレにより取引参加者が大きな返還を得られることもあります。

但し一番大事なことは、賭けが大きく上げても下げても、安らかな気持ちと用事をすることです。賭け全部が悲観的になろうが、ポジティブになろうが、自分の規定においてトレードを行う事が大事です。

大きく下落しておる賭けでは、これ以上落ち込み損亡が現れる結果売りたくなります。逆に賭けが大きく上げている時は、まだまだ伸びるのではないかと考え、買いたくなるのが人間の考えです。

それらの別の行き来、賭けが下がったら貰う、上がったら譲る。これが大きな実りを得る計画ですが、これがなかなかできないのです。

結論として、賭け参加者がみんなが売り出したら自分は勇気を出して貰う。みんなが浮かれて買いだしたら売って利益を確定させる。これを忠実に守って資産生産を通していきたいと思います。こちら