車の悲劇で危うく両親から借入金をするはめに!

私は、学生時代は車種で通学していたのですが、通学途中に2度大きな車種のアクシデントを起こしてしまいました。最初は、真冬の早朝、下り坂を走っていて障りがロックしてしまい、車種が止まらなくなり、サインスタンバイで止まっていた車種に後ろからぶつかってしまいました。人間をひいたわけではなかったので、警官を呼び、アクシデント手入れを通してもらい、示談が成立しました。示談代価は50万円でした。当時、非常勤で一応稼ぎを貯めていたので、テーマはなかったのですが、危うく父母から借金を通して、示談代価を支払う地点でした。また、2度目はキャンパスからの戻り、大きな交差点でのアクシデントでした。2度目も彼女が車種だったので、最初と共に、警官を呼んで、アクシデント手入れを通してもらい、示談が成立しました。2度目は彼女が商店業務の人間だったので、免許に故障を塗り付けたくなかったので、示談が成立しました。示談代価は70万円でした。非常勤で貯めていた稼ぎも70万円を払ったところで、下をつき、3度目のアクシデントを起こすと、借金をすることになるので、とにかく無事故航行をすることに勉めました。それからは間近からレジャーに誘われても、お金がなく辞する四六時中が続きました。何とかして、稼ぎを貯めようと非常勤を長時間して、その後は父母から借金をすることなく、社会人になることができましたが、終了旅行に行くことができず、終了等級で、その話題になったときに、「出向く品だったのか」と、痛感しました。そのときに稼ぎに困っていたことを思い起こします。コンシダーマルの口コミについて