小さい頃からはじめよう

生きていくうえで金銭はなくてはならないものですね。決して繁盛はしなくても衣食住その全てを賄うために金銭は必要でしょう。現在、断捨離という文句がよくつかわれていますが、金銭もそのように取り扱うことができればいいのになと思います。もちろん千差万別家計周辺は異なりますし、金銭に対する望み度に応じて煩悩との根競べになるかもしれませんが。金銭のやり方はスタイルともかぶるかもしれません。余分なものを持たないで生きられる人間は金銭のやり方も管理するもきっと上手なのではないかと思います。いざというときのために少しだけ貯蓄を保ち、要求最少で満足できるモラルを持つことができればいいなと思います。若い時から考えてお金を使う中毒を身につけることができれば、またそれを継続することができれば、いざというときも困らず、金銭の大切さや有難さを自ずから捉え、また理解することができるのではないかと思います。金銭は長期間保ちすぎては困り、持たなくては貧乏してしまい、ミッシリの遠慮を自分で分かることはより大切だと思います。なんでもそうですが、一朝一夕に身につくものではなく、やはり金銭を管理することも幼い頃からの稽古怪我一番重要なのかと再認識する次第です。http://cashing-college.net/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%9F%E3%82%B9%E5%AF%A9%E6%9F%BB%E7%94%98%E3%81%84.html

面皰と人肌科

昨年の一年間の留学のあいだに表皮がぶわっと荒れてしまった。
寒くて乾燥していらっしゃるカナダの天候は、南国出身の私の表皮をナーバスにした同然。のち、食事の予約も大きいかな。スキンケアも、ニベアのナーバス表皮用のローションとクリームのみ使っていたし。カサカサを防ぐには全然足りなかったのかもな。思い返せばお肌に悪い物事ばっかしていたかもしれない(汗)

帰省して直ちに素肌科でみてもらい、ピーリングの為の塗り薬と、赤面皰の為の塗り薬をもらった。普段のスキンケアの後に塗りつけるらしき。
塗り始めてゼロか月、あまり予約なし。二か月目、赤面皰の回数がだいぶ減って、その代わり白面皰がよく出るようになった。なぜ( ;∀;) 
三か月目、白面皰をインストラクターに相談して見るが、そのまま外見を見てみようといわれる。面皰跡についても相談すると、面皰跡はなくなるまで時間がかかるから、ビタミン剤を飲んだり、メディカルスパ等で治した方がいいとのこと。メディカルスパが頂けるほど収益は持っていません…から、その日のうちに、ネイチャー仲働きのスーパーマルチビタミン&ミネラルを入手(肌荒れにはビタミンとミネラル両方取った方がいいとどこかで聞いた)。それからゼロか月幾分毎晩呑み続けてるけど、うーん、すこし面皰跡が薄くなってきたかな?くらいの体感。

そろそろ素肌科に通い始めて四か月が経つけど、一応、帰省期間よりは大変ましになった気がする!これからも根気よく、素肌科の塗り薬&ビタミン剤&早寝早起きを心がけていこうと思います。あぁ~夏に完治しますように!キレイモ口コミどう?